Robotic Process Automation(RPA)を使用すると、複数の業界の組織が困難で反復的なタスクを自動化されたタスクに変えることができるため、重要なリソースがより複雑なタスクに集中できます。 によると ガートナーの予報、世界のRPAソフトウェアの収益は1.89年に2021億20万ドルに達すると予測されており、2020年から約XNUMX%増加しています。多くの企業がタスクの自動化の流行に乗っていますが、RPA戦略をビジネスモデルに組み込む方法を理解することが重要です。組織に影響を与えるのは、それが次善の策であるという理由だけでなく、「誰もがそれを行っている」という理由だけではありません。 RPA全体には多くの利点がありますが、主要なRPAツールであるMicrosoft PowerAutomateなどのツールに固有のものもあります。 最初のステップは、常に調査を行い、どのツールがその仕事に最適かを特定することですが、PowerAutomateがどのようにビジネスにゴールドスタンダードのRPA戦略をもたらすことができるかを詳しく見ていきましょう。

生産性を高める

RPAが理にかなっている最大の理由は、組織の生産性レベルを全面的に向上させることです。 リソースが限られている場合は、熟練した労働者に、時間のかかる反復的なタスク以外の、より複雑で創造的なタスクに集中してもらいたいと思うでしょうが、それでもビジネスには必要です。 Power Automateは、クラウドネイティブでローコードの包括的なSaaSベースの自動化ソリューションを提供します。 それだけでなく、PowerAutomateはUIとAPIベースの自動化をAIと一緒にもたらします。 組織の典型的な障壁または課題のXNUMXつは、実装プロセス(特に自動化プロセス)であり、非常にコストがかかる可能性があります。 Power Automateを使用すると、ユーザーはRPAツールの使用を開始し、莫大な費用をかけることなく、非常に短い時間で最初の自動化を展開できます。

Power Automateには、クラウド、デスクトップ、ビジネスプロセスのXNUMX種類のフローがあります。 特定のタスクを自動化するには、そのフローを作成する必要があります。各タスクは特定のユースケース向けに設計されています。 Power Automateは生産性の向上に役立つだけでなく、ユーザーがAIBuilderを使用してそれをインテリジェントに実行できるようにします。 ユーザーフレンドリーなテンプレート、ガイド付きプロセス、フロー内に埋め込むことができるビルド済みコンポーネントにより、ユーザーはコードを自分で作成しなくてもフローにAIを追加できます。

接続する

Power Automateを使用すると、自動化プロセスはMicrosoftソフトウェアに限定されません。 現在、Power Automateは、Microsoft Teams、Webサービス、サードパーティアプリケーションを含む400を超えるアプリケーションとサービスを接続しています。 これは、RPA戦略の柔軟性と、市場投入までの時間を短縮するために重要です。 デロイトの調査によると、RPA戦略を実装することによって利害関係者が直面する最大の課題のXNUMXつは、統合とツールの柔軟性です。 Power Automateはローコードプラットフォームであるため、ITチームに出向いて稼働させる必要はありません。 プログラミングのバックグラウンドを持たない人々がそれを効果的に使用し、ドラッグアンドドロップツールと事前に作成されたテンプレートを使用してワークフローの作成を非常に迅速に開始できるように構築されています。 承認、ソーシャルメディアへの言及、通知など、一般的なタスクに役立つテンプレートがあります。 ただし、ユーザーは、事前に作成されたテンプレートのXNUMXつにソリューションが表示されない場合、最初から始めて、ビジュアルデザイナーで独自のワークフローを作成することもできます。 組織内のメンバーもデスクトップに縛られる必要はありません。 複数の労働者が現場に出ており、アクセスが必要な場合は問題ありません。 Power Automateは、デスクトップ、モバイル、およびWebで利用できます。

銀行を壊さないでください

組織に新しいツールを実装する際に考慮すべき主要な側面の365つは、コストです。 RPAの実装は非常にコストがかかる可能性があり、残念ながら、適切な手順を考慮しないと開始に成功しなかったという悪い実績があります。 Power Automateにはプレミアム機能がありますが、開始するのに主要な利害関係者の賛同は必要ありません。既にMicrosoft 10をお持ちの場合は、アドオンとしてライセンスに組み込むこともできます。 また、WindowsXNUMXにはPowerAutomateが無料で含まれています。他のユーザーは、ビジネスに最適なものに応じて、ユーザーごとまたはフローごとにライセンスを購入できます。

組織が余裕がないのは、PowerAutomateなどのRPAツールの実装に関連するコスト削減を失うことです。 によると ガートナー、 彼らは、2024年までに、超自動化テクノロジーと再設計された運用プロセスを組み合わせることで、組織が運用コストを30%削減することを期待しています。 Power AutomateのようなRPAツールは、効率的で限られたリソースで挑戦することに本当に苦労している人々にとって、これが現実になるのを助けます。

どこから始めればいいのかわかりませんか?

RPA戦略をどこから始めればよいのか、RPA戦略をどのように開始するのかが成功の鍵となる場合があります。 ボットとフローを配置する前に、まずしっかりとした計画を立てる必要があります。 PowerAutomateのProcessAdvisorは、組織内の特定のプロセスに関連するステップをキャプチャし、それらのプロセスの合理化を支援します。 これは、最も時間がかかり、最も繰り返され、非効率な場所であるプロセスへの洞察を得ることによって、自動化から最大の利益を得るプロセスを特定します。 したがって、リソースのチームがすべての作業を行うのではなく、RPAを開始することを決定したらすぐに、ソフトウェアを機能させてください。

この発見フェーズは、組織にとって最も論理的なワークフローを作成する上で重要であり、RPA戦略全体を成功または失敗させる可能性があります。 によると アーンスト・アンド・ヤングのレポート、最初のRPAプロジェクトの30〜50%が失敗し、それはすべて、構築するための強固な基盤を持つための適切な計画を立てることから始まります。 ただし、プロセスアドバイザを使用する際の注意点のXNUMXつは、ユーザーはMicrosoftDataverseデータベースを備えたMicrosoftPlatform環境を持っている必要があります。

多くのRPAソフトウェアベンダーがありますが、Power Automateは、その柔軟性、ユーザーフレンドリーなテンプレート、および企業の全体的なアーキテクチャに統合して相互作用する方法により、多くの分野でパックをリードし、競合他社のトップにすばやく登ります。レガシーシステム。 Power Automateには、RPAの成功に向けてビジネスを立ち上げ、影響力のあるROIを実現する機能が確実に備わっています。

さらに詳しく

AptudeのRobotic Process Automationは、自動化されたトランザクションルールベースのタスクのスマートアプリケーションであり、データワークフロー内に人間のようなアクションを統合して、内部データプロセスを最適化します。 難しいですね? 何をしているのかわからない RPAは、スタッフが繰り返し実行するタスクを置き換えることができます。 詳細はこちらをクリックしてください。

Aptudeで前進し続ける

Aptudeは、個人のITプロフェッショナルサービス会社です。 お客様に最高のリソースを継続的にコストを抑えて提供します。

私たちのサポートサービスは、日常のメンテナンスの問題という圧倒的な負担からシニアITスタッフを解放します。 今、彼らはあなたが待っていたそれらの新しいプロジェクトとアプリケーションを立ち上げる時間を持っているでしょう。 簡単に言うと、リソースを解放してコストを抑えることができます。 私たちの排他的なサービスについて話し合うために簡単なチャットをしましょう。

お問い合わせ