Microsoft Power Platformは、Power BI、Power Apps、Power Automate、およびPower VirtualAgentsのXNUMXつの主要コンポーネントで構成されるアプリケーションのセットです。 組織がすでにこれらのアプリのXNUMXつまたはXNUMXつを利用している場合、それらを相互に接続し、Power Platformの下で接続して、運用を実際に合理化することには多くの利点があります。

XNUMXつのプラットフォームでのデータ

ビジネスのあらゆる側面がスムーズに実行されていることを確認するために追跡および監視する必要のあるデータセットを特定していない場合、Power Platformはデータに360度のビューを作成して、収集されるすべてのデータを適切に管理します。 ダーティデータは、ビジネスに多くの収益をもたらすものであり、Power Platformを使用すると、これを適切かつ効率的に管理できます。 ダーティデータとは、一貫性がない、完全ではない、または不正確なデータです。 Experianのレポートによると、ダーティデータは平均的なビジネスの収益の15%から25%を犠牲にします。 さらに、ダーティデータの60%は人為的エラーが原因であると推定されているため、強力なデータ戦略を実施することが重要であり、Power Platformは、これらの問題を回避するためにデータに信頼できる唯一の情報源を提供します。

運用に価値をもたらす

このツールのエコシステム全体を操作しながら、チームは重要な視覚化を簡単に作成して特定のデータセットに取り込むことができます。 データは常に手元にあり、PowerAppsを使用すると、重要なデータベースのアクションを実行するのに役立つカスタムアプリを生成できます。 可能な限りすべてのデータを引き出すことができますが、それを機能させない場合、ポイントは何ですか? Power BIは、そのデータを活用し、それらの視覚化を作成して関連するチームメンバーと共有し、ダウンタイムを防ぎ、メンテナンスを行い、何かが深刻な問題になる前にアクションを実行するためにあります。 たとえば、マシンの特定のセンサーが誤動作している場合、これらの視覚化により、(データサイエンスの専門家だけでなく)誰もが問題を迅速に解決するために何が起こっているのか、何をする必要があるのか​​を簡単に理解できます。

コスト削減性

2021年のForresterのレポートによると、PowerAppsとPowerAutomateは、アプリケーション開発のコストと開発を70%削減しました。 この背後にある大きな理由は、これらのアプリを使用したアプリ開発に関して、コード要件が低いかノーコードであるためです。 場合によっては、最大の障壁は実装プロセス全体であり、Power Platformと適切なITパートナーがあれば、組織はすぐに大幅なROIと運用の節約を実現できます。 実装すると、従業員は迅速に賢明な意思決定を行うことができます。 Power BIを使用すると、組織内の誰でもレポートを作成でき、多くの組織がスケジューリング、プロジェクト見積もり、時間追跡、全体的な生産計画などのさまざまなプロセスでコスト削減を実現していることがケーススタディで示されています。 PowerAutomateを採用することで、多くの組織は、高価なサードパーティアプリケーションを使用する必要がなくなり、数千のライセンス料を支払う必要がなくなります。

合理化と自動化

ほとんどの場合、さまざまなデータセットを追跡する複数のレポートを作成するように誰かに依頼すると、プロセスの途中で内部的に悲鳴を上げる可能性があると言っても過言ではありません。 ただし、PowerPlatformとPowerBIを使用すると、レポート、視覚化、カスタムダッシュボードを数回クリックするだけで生成でき、さまざまな部門のレポートに必要なフィルターを適用できます。

Power Platformの最も重要な利点の2020つは、チームメンバーがどこにいてもリモート作業をサポートすることです。XNUMX年には、この機能が必需品になりました。 Power Platformを使用すると、チームは常にクラウドベースまたはデスクトップソリューションを介して、特定のプロジェクトを監視する必要のあるデバイスに接続できます。

さまざまなレポートを自分で簡単に取得できるだけでなく、機械学習とAIの取り組みが増加しているデジタル時代において、PowerAutomateを使用したロボットプロセス自動化を備えたPower Platformのコンポーネントと、Power Virtual Assistantを備えたスマートボットにより、組織は自動化によってさらに効率的に作業できます。特定のプロセス。 Harvard Business Reviewによると、エグゼクティブの36%が、AIを組み込む主な目標は、ビジネスプロセスの自動化をサポートし、顧客や従業員と関わり、データ分析を通じて洞察を得ることにより、社内のビジネスオペレーションを最適化することであると述べています。

セキュリティの取り組みを最大化する

Power Platformは、二重暗号化、組み込みID管理、および多要素認証を実装することにより、ユーザーのデータを保護するための努力を惜しみません。 特定の個人にアクセスできるようにする事前定義されたセキュリティロールもあり、必要なタスクを実行できます。 アクセスを最小限に抑えるために、独自のセキュリティロールをカスタマイズまたは構成することもできます。 Bitglassのレポートによると、過去61年間にXNUMX%の企業がインサイダー攻撃を受けています。 特定のレポートやデータにアクセスできるユーザーを制御する機能を持つことは、セキュリティの問題が発生するのを防ぐために重要です。

ユーザーは個々のアプリケーションを自分で使用できますが、それらを接続して一緒に使用すると、組織の統合システムが作成され、PowerPlatformによってユーザーは収集したデータから最大のROIを得ることができます。

Aptudeで前進し続ける

Aptudeは、個人のITプロフェッショナルサービス会社です。 お客様に最高のリソースを継続的にコストを抑えて提供します。

私たちのサポートサービスは、あなたの上級ITスタッフを日常のメンテナンス問題の圧倒的な負担から解放します。 彼らはあなたが待ち望んでいたそれらの新しいプロジェクトやアプリケーションを立ち上げる時間があります。 簡単に言えば、私たちはあなたのリソースを解放し、あなたのコストを抑えることができます。 私たちの独占的なサービスについて話し合うために簡単なチャットをしましょう。

お問い合わせ